好きな人やモノに囲まれて毎日を丁寧に暮らして行きたい。家族の思いや気持ちを言葉やphotoに載せて綴っていきたいと思います♪


by mkissm98
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2009年 03月 13日 ( 1 )

 昨日の新聞で綺麗な写真を見ました。満月が富士山頂に沈んでいく「パール富士」と呼ばれる珍しい現象だそうです。すごい~
 撮影された方は1年間、計画を練って、待って撮影したそうです。撮影された方おめでとうございます。良かったですね。

c0188008_5441248.jpg


 それでは本日のタイトルです。
 本を頻繁に読み出したのは実はごく最近です。小さい頃からとにかく活字が嫌いで、国語が嫌いだったのですが、読み始めると面白い。下手にテレビを見るよりは、有意義な時間が過ごせます。「こんなに面白いのが分かっていたら、小さい時から読んでいたのに」と、三十路を終えようとする今となっては、”後悔先に立たず”、”after festival”な状態であります。

 昨年の夏は、松本清張。一緒に住んでいる義母が、日中の時間を持て余さないよう、書店で本を買ったのがきっかけで、図書館にある松本清張の主要な作品は、二人で全て読んだと思います。その中でも「砂の器」はすごい、すごすぎると思いました。

 今読んでいるのは、タイトルの「鬼平犯科帳」。シリーズもので、まだ読み始めたばかりですが、間違いなく面白いと思います。本は読み始めで大体分かります。というより、読み始めが面白くないと、我慢して読もうと思いません。

 これも図書館で借りています。読みたい本をネット予約でき、近くの図書館まで運んできてくれる箕面図書館(箕面市)に感謝します。 
[PR]
by mkissm98 | 2009-03-13 05:42 | ひとりごと