好きな人やモノに囲まれて毎日を丁寧に暮らして行きたい。家族の思いや気持ちを言葉やphotoに載せて綴っていきたいと思います♪


by mkissm98
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:夫の日記 ( 78 ) タグの人気記事

 「和牛」にて昼食後、日光東照宮に行きました。日光東照宮は、徳川家康を神とした神社。
(徳川家康の遺言)
「日光山に小さな堂を建てて、自分を神としてまつること。自分は、日本の平和の守り神となる」

日光は江戸のほぼ真北。北天は、宇宙の中心であり、不動の北極星を中心に星々が規則正しく運行する。これがこの世の規範であり、江戸から見れば、その要-かなめ-の位置に日光がある。つまり、江戸と北極星を結ぶ宇宙の中心軸にまつられることによって、日本の平和の守り神になろうとしたのである。
c0188008_213119.jpg

 上の写真、眠り猫は今回一番記憶に残ったモノです。
(眠猫)
「左甚五郎の作。牡丹の花咲く下に日の光を浴びて子猫が転た寝しているところで日光を現わす絶妙の奥義を極めている。」

 余りにも壮大すぎて、言葉で表現するのは野暮です。残りは写真のみ掲載します。
c0188008_218494.jpg


写真です。
[PR]
by mkissm98 | 2009-03-24 06:06
 ただいま帰りましてござる。
 週末、夫婦水入らずで日光・那須へ。義母と一緒に住み始めてから、初めての長期旅行。義母の「ゆっくり行っておいで。」、という言葉に甘えて行ってきました。母上様、留守番ありがとうございました。

 タイトルは「日光・那須1」となっており、これから4まで更新する予定です。

 日光でのお目当ては、ステーキ店の「グルマンズ和牛」。店内撮影禁止の為、言葉で表現します。

 ステーキは鉄板焼スタイルではなく、熱されたステーキ皿で出てきます。
 一番安いやつ(3150円)を注文。上は2万円まであります。ステーキの焼き加減は、ミディアムというよりレア、赤身が結構残っています。でも、肉全体、赤身までアツアツ。これってすごい技術ですよね。
 店員さんに焼き方を聞きましたが、「家ではとても出来ない、火力の調整がすごく難しい。ステーキ皿も特注(確かに重く厚みがありました)。」と。

 特筆はチャーハン。ステーキを食べた後のステーキ皿に、薄くご飯を敷いて肉汁と一緒に炒めている。ガーリックのほのかな香りがあり、ご飯はおこげがついている。これだけは写真に撮りたかったのですが、本当に残念。

 食後のコーヒーは別室で。

 満足、満足。

 次回は東照宮について書きます。 
 
c0188008_20352911.jpg
c0188008_20353917.jpg

[PR]
by mkissm98 | 2009-03-23 20:18

Ring Jacket 2009.3.16の日記

 家内と一緒に行く服屋さんで、 nakagawa1948 というセレクトショップがあります。入って右が女性モノ、左が男性モノを売っており、夫婦で一緒に買えるため、贔屓にしています。
 店長がまた凄い人で、こ洒落たメガネをかけ、ダンディなオーラを放っており、とにかく服の事を知り尽くしています。服に情熱をかけているというか、こづかいの殆んどを、服のみにつぎ込んできているような感じです(大袈裟に書いています)。

 その店で買った最初のスーツが、今日のタイトルの リングヂャケット (ジャケットではありません)さんのモノです。僕はスーツを着る、ということが好きではありません。堅苦しく、リラックス出来ないため、今までは仕事から帰宅すると、すぐに脱ぎたくなりましたが、このスーツは全然そのようには思いません。とても快適です。

 HPを見ると、注文服のような着心地の既製服をコンセプトとしており、made in Japanをこだわりとしています。

 スーツもそうですが、僕のお薦めはシャツです。タイトなフィッティングなんだけど、ストレスなく動ける点が気に入っています。脇の辺りの作りが違うのかな?と調べたところ、HPに掲載されていました。
(原文ママ)
他社との一番大きな違いは、“後付けの袖”でしょうか。通常の量産のドレスシャツは身頃と袖が一緒に縫い付けられています。 この製法は縫製の手間がかからず効率的に大量のシャツを作るのに適しています。 ラフに着るカジュアルシャツだとこの製法でも問題は無いのですが、体のラインに沿いながらも窮屈さを感じさせない立体的なシャツとなると、 断然後付けの製法が良いです。“後付け”にすることによって袖を立体的につけることができるのです。人の腕は体の真横に真っすぐ付いている訳ではなく、 気持ち前についており曲線になっています。また鏡の前で試着するような直立不動の姿勢で日中ずっといる方はまずいません。 デスクワークなどでは手を前に出して作業します。このあたりを踏まえて如何に着やすいかを追求しています。その為には、 手間がかかりますが袖の微調整ができる“後付け”にする必要性がありました。

c0188008_7375798.jpg

RingJacketの脇部分です。縫い目が微妙にずれています。

c0188008_738680.jpg

通常のです。上との写真の違い分かりますか?縫い目が一直線ですよね。

 モノ創りへの情熱、すごいですね。僕なんかとても真似できません。

 このような創りにこだわりがあることが分かると、なんか愛着がわいてきます。もう一つ、なぜか分かりませんが、シャツ全体がとてもソフトです。あくまで僕の体に合っているだけかも知れませんが、良いモノは紹介したくて今日の日記に書きました。

 明日から長期の出張、and久しぶりの旅行のため、日記の更新は暫くできません。
[PR]
by mkissm98 | 2009-03-16 07:40

無気力 2009.3.15の日記

 先週末はまとまった雨。まる2日休みなく降り続きました。”暑さ寒さも彼岸まで”というとおり、今週からは最高気温も徐々に高くなるようです。

 本日は最高の天気。自転車日和です。でも、行きませんでした。。。
 今無気力です。無気力なのですが、家内に手伝ってもらって、自転車をピカピカにしました。全く何もしないのも気が滅入ってくるので。

c0188008_1435522.jpg


 今週末は旅行に行ってきます。日光、那須へ。
 日光では、中禅寺湖、華厳の滝、東照宮、和牛(ステーキ店)。那須では、ずっと行きたかった憧れの二期倶楽部に泊まります。

 少しでも元気出れば良いのですが。。。

c0188008_1648386.jpg

 写真はつくしくん。箕面って自然があって便利で、本当にいいですよ。
[PR]
by mkissm98 | 2009-03-15 14:10 | ひとりごと
 昨日の新聞で綺麗な写真を見ました。満月が富士山頂に沈んでいく「パール富士」と呼ばれる珍しい現象だそうです。すごい~
 撮影された方は1年間、計画を練って、待って撮影したそうです。撮影された方おめでとうございます。良かったですね。

c0188008_5441248.jpg


 それでは本日のタイトルです。
 本を頻繁に読み出したのは実はごく最近です。小さい頃からとにかく活字が嫌いで、国語が嫌いだったのですが、読み始めると面白い。下手にテレビを見るよりは、有意義な時間が過ごせます。「こんなに面白いのが分かっていたら、小さい時から読んでいたのに」と、三十路を終えようとする今となっては、”後悔先に立たず”、”after festival”な状態であります。

 昨年の夏は、松本清張。一緒に住んでいる義母が、日中の時間を持て余さないよう、書店で本を買ったのがきっかけで、図書館にある松本清張の主要な作品は、二人で全て読んだと思います。その中でも「砂の器」はすごい、すごすぎると思いました。

 今読んでいるのは、タイトルの「鬼平犯科帳」。シリーズもので、まだ読み始めたばかりですが、間違いなく面白いと思います。本は読み始めで大体分かります。というより、読み始めが面白くないと、我慢して読もうと思いません。

 これも図書館で借りています。読みたい本をネット予約でき、近くの図書館まで運んできてくれる箕面図書館(箕面市)に感謝します。 
[PR]
by mkissm98 | 2009-03-13 05:42 | ひとりごと
 直訳すると、明日は今日とは違う日とも訳すのでしょうか。「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラ(ヴィヴィアン・リー)の映画の最後の台詞です。
 
 サブタイトルは「明日は明日の風が吹く」 となっており、まさしく名台詞。今どんな苦境にあっても、明日になれば、物事はいい方向に転じるものであるという意味です。

 今日は、このような気持ちになれれば良いなと思い、日記にしました。何か意味深やな~。

c0188008_556422.jpg


ps.今日の写真(ユキヤナギ)は3月10日の続きです。F値を少し上げて撮影しました。以前よりはくっきりしており、F値は4.0以上を目安にします。ちなみに使用しているカメラは、コンパクトのリコーGR。
[PR]
by mkissm98 | 2009-03-12 07:30 | ひとりごと

鶯 2009.3.10の日記

 日々暖かくなってきたのでしょうか。最低温度が高くなってきているため、夜は床暖房をつけなくてもよい日が増えてきました。今日のタイトルは、鳴き始める季節が早春であることから春告鳥(ハルツゲドリ)の別名がある、ウグイスです。

 朝散歩していると、裏山ではウグイスが鳴いております。「ホーホケキョ」と鳴くのは雄だそうで、家内とその鳴き声を聞いてると、たまに下手くそ?(ホーホケキョとちゃんと鳴けない)な鳴き声を耳にします。「まだ鳴くの馴れていないのかな?」と二人で勝手に思っていました。

 ウグイスについてネットサーフィンしました。ウグイス初鳴き前線なるものがあり、調べてみると結構おもしろいです。
(原文ママ)
「・・。雄はなわばりをパトロールしながら盛んにさえずります。他の雄に対して自分のなわばりを主張するとともに、雌に対して『ここで巣を作りませんか』と呼びかけているのだと思われます。」

「ウグイスというと、『ホーホケキョ』と聞こえるさえずりが有名ですが、よく聞いてみると、どの雄も二種類のさえずり方をしていることがわかります。一つは比較的高い声の『ホーホケキョ』というH型のさえずり、もう一つは低めの声で『ホーホホホキョコ』などと聞こえるL型のさえずりです。」

「雄は、なわばりをパトロールしながら、H型とL型の二種類の声でさえずります。しかし、他の雄がなわばりに侵入してくると、その雄の近くまで飛んでいって、L型の声で盛んにさえずります。また、時には他の雄を追いかけ回したり、取っ組み合いのけんかをしたりすることもあります。どうやら、L型の声は、近くの雄を威嚇するときに使うようです。
 馴れてなかったではなく、威嚇していたんですね。。。

c0188008_7374973.jpg


ps.写真はコンパクトデジカメで撮ったものです。F値低すぎたのか、ピントが合っていないのか、ぼやけた写真になりました。フィルムカメラからデジタルカメラへの変遷、一番の大きな違いはコンパクトカメラでもマクロ撮影ができることかな?一眼を使う機会がずっと減りました。
[PR]
by mkissm98 | 2009-03-10 07:36
 今日お昼に実家の母親のリクエストで、とんかつを食べに行きました。箕面駅近くのとんかつ豊かという店があり、贔屓にしています。「二度揚げ・蒸らし」によりとんかつを揚げているそうです。お膳には和歌山産の梅もついており、これが脂っぽくなった口をサッパリとさせてくれます。

 紹介する位なので美味しいのは当然なのですが、店のこだわりがあり、「塩」で食べさせることをコンセプトとしています。当然「塩」をつけて食べるのですが、さり気なくお膳にソースもついています。この柔軟さがとても気に入ってます。

 よくこだわりの店というのは、客の好みに依らず、「これで食べなさい」みたいなところが多いですよね。箕面周辺でとんかつを、という機会があれば一度食べてみてください。

c0188008_18252285.jpg


More
[PR]
by mkissm98 | 2009-03-08 18:25 | 美味な日々
 本日は能勢町野間稲地にある、天然記念物の「野間の大けやき」を見に行ってきました。「新日本名木100選」や「大阪みどりの百選」にも選ばれており、山形県の「東根の大けやき」と並ぶ、日本の代表的なケヤキの巨樹です。

 箕面の家を出発するときは余り寒くなかったですが、さすが能勢は寒く、また風もアゲインストで予定の距離を乗らず、へこたれて帰宅しました。本日の距離75km。自転車乗って、何が苦痛か?それは間違いなく逆風です。しかも上り坂で逆風となると、嫌になっちゃいます。
 
 写真はそのケヤキです。大木や桜・梅の写真を撮るとき、全体像をフレームの中に収めて、しかも自分の気に入った写真にすることは難しいです。

 今日は全体像を撮ろうとして、後ろ向きに移動していると、溝に片足をはめてしまいました(T_T)。皆さんも気をつけましょう。

c0188008_14241411.jpg
c0188008_14242496.jpg
c0188008_14243293.jpg
c0188008_14243914.jpg


More
[PR]
by mkissm98 | 2009-03-07 14:38 | 自転車(RNC7、クロモリ)
c0188008_6365318.jpg


 写真は出張の帰路の飛行機からの写真です。富士山を撮ろうと思いましたが、あいにくの雨で。地上で雨が降っていても雲の上空は晴れていました(当たり前)。

 昨日に続き、今日も想い出話。空から見た記憶に残る景色。

 1つ目は飛行機のコックピットから見た景色です。この写真のような感じではなく、360度というより、3次元に空や雲が見え、まるで別世界でした。テロや機長が殺された事件を受け、今はコックピットに入れませんが。。。

c0188008_6372798.jpg


 2つ目は新婚旅行で行ったボラボラ島上空からの景色。フレンチポリネシア(タヒチ)の中で最も美しいとされる島と、その島を囲むようなリーフ(岩礁)。島とリーフの間には、エメラルドグリーンとコバルトブルーの海が混在していました。

 島の空港からホテルへは、ホテル専用のクルーザーで移動。エメラルドグリーンの海は浅く、エイ、熱帯魚や小さなサメが見え、テンション上がりまくりでした。

 また行きたいなぁ~。
[PR]
by mkissm98 | 2009-03-05 06:36 | ひとりごと